伊豆のダイビングポイントはビーチからボートまで多彩です

ダイビングをしているお友達って、実はけっこう周りにいませんか?
スキューバダイビングをするためには、まずダイビングライセンスを取得することが必要ですが、正確にはライセンスではなくCカードといいます。
ダイビングライセンスを取得するのなら、ダイビングスクールでコースを受けるのですが、大体4日ほどで認定されます。
スキューバダイビングの指導団体に所属するインストラクターが提供するコースを無事に終了するとダイバーとして認定されます。
PADIという指導団体が発行しているCカードなら、世界中で一番多く発行されていますのでどこに潜りに行っても通用します。
PADIのダイビングスクールの中でも、5スターという称号のショップは、年間の認定数などいくつかの基準をクリアした優良店とされます。
ダイビングショップもそのお店によって特徴がありますから、一度訪ねてみて自分にぴったりのお店を見つけましょう。
ダイビングスクールの企画したダイビングツアーに参加するとお友達もたくさんできるので、ひとりで始めても安心です。
東京や神奈川からは伊豆のダイビングツアーが多いですが、日帰りで潜りにいける場所がたくさんあるのが魅力ですね。
そして、南の島へ行くのならグアムのダイビングがいち押しです。ボートで移動しているとイルカが迎えてくれます。
時々何度も体験ダイビングをしている人がいますが、やはり認定ダイバーになると楽しみの幅がちがいます。
最近は中高年でダイビングを楽しんでいる方も多くなりました。70代のダイバーなんて、めずらしくないんですよ!

ダイビングを始めるのには何か特別な手順がいるのでしょうか?
スキューバダイビングを始めるのには、まずCカードと呼ばれるライセンスを取得しなければいけないのがシュノーケルとは違うところです。
ダイビングライセンスを取得するのは、最初に学科講習、そしてプール講習、最後に海洋実習という流れです。
スキューバダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいて、その内容にしたがってコースが開催されます。
ダイビングライセンスの中でも、世界で一番流通しているのはPADIという団体が発行しているもので、どこに行っても通用します。
日本でもPADIに所属しているダイビングスクールが一番いので、あなたの自宅近くにもPADIダイビングショップがあるかもしれません。
せっかくのダイビングですから、楽しく続けられるダイビングスクールを選びましょう。やはり、信頼できるインストラクターがいることは大切です。
もしあなたがひとりでダイビングを始めても大丈夫。ショップ主催のダイビングツアーに参加しているとすぐに仲間が増えるからです。
伊豆のダイビングポイントは、東京や神奈川のダイビングスクールからでも日帰りで行けるだけでなく、沈船なども楽しめてしまいます。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
体験ダイビングをするのももちろん良いですが、やはりライセンスを取得すると自由に泳ぎまわれるようになります。
中には、75歳でダイバーデビューなんていう方もいるほどで、中高年向けのダイビングコースも開催されています。